京都で家族婚を行う際におすすめの宿泊施設の紹介

最近はリゾート婚として、京都市内にある神社・寺院・教会、料亭やレストラン、京町屋を改装した結婚式場などを利用して、少人数の家族婚を行う府外在住のカップルが増えています。

人気上昇中の京都の家族婚を検索してみてください。

家族婚では新郎新婦の家族のみが参加する小規模な結婚式です。
それでも2家族が参加する場合には10名近い人数になるため、宿泊施設を用意する必要があります。

京都以外の地域に住んでいる人が観光を兼ねて家族婚を行う場合に、10人が4日間(3泊)にわたりビジネスホテルに宿泊すると仮定してみます。
2人部屋を利用すれば1日あたり5室必要となり、3泊であれば延べ15室を確保しなければなりません。京都市内は外国人観光客が急増した影響で、宿泊施設がかなり不足しています。

このため、連続した3日間で合計15室もの部屋を確保するのは至難の業です。

ホテル代も高騰していて、普通のビジネスホテルでも1室1泊あたり2万円を超える場合もあります。京都で家族婚を行う際は一般のホテルではなく、民家を改装した宿泊施設(町屋旅館)を利用することができます。



伝統的な京町屋を改装した宿泊施設として相部屋のゲストハウスもありますが、1棟を丸ごと借りることができるような旅館も存在します。家族で町屋旅館を利用する場合には、1人あたり1泊7千円〜1万円で利用できます。

結婚式を行う場合には大量の荷物がありますし、着替えたり荷物を保管する場所が必要です。
家を1軒借りることができれば、挙式や写真撮影のための着替え、市内観光の拠点に便利です。